画期的なサービスのSFAとは

顧客獲得の機会を確実にするために

営業支援ツールを導入している会社の割合は

time 2021/09/03

営業支援ツールを導入している会社の割合は

日本で営業支援ツールを使用している企業は、全体の3割くらいだと言われています。まだまだ普及率は高いとは言えませんが、対面営業を敬遠する人が増えてきたこともあり、少しずつ普及は拡大しています。例えばオンラインで商談ができる営業支援ツールであれば、対面商談・交渉をする必要がないため、感染症予防の側面からも効果的でしょう。互いの顔が見える状況では、意思疎通がスムーズに進みやすいです。

昔は対面商談ができない状況であれば、電話やメール、FAXなどを活用していました。電話は現在もポピュラーな方法として活用されますが、顔が見えないという問題があります。互いの表情が見えずに言葉だけだと、会話が難しくなるはずです。営業支援ツールで対面商談ができれば、相手の表情から意思を読み取れるでしょう。

電話の場合ですと、声質や話し方によっては相手に不快感を与えてしまうケースがあります。オンラインで商談ができれば、話し方がきついと言われる人でも表情の工夫をすることで、相手に安心感を与えることが可能です。事業規模別に営業支援ツールの導入状況を見ると、大手が圧倒的に導入率が高くなっています。大手の営業部門においては50%超が導入している現実があります。

一方で中小企業になると、導入率が20%程度まで低下してしまうのです。営業支援ツールの導入にはある程度の資金力が必要となるため、資金に余力があるかどうかが導入率に反映されています。営業支援のことならこちら

down

コメントする