画期的なサービスのSFAとは

顧客獲得の機会を確実にするために

営業支援で営業の失敗を回避する

time 2021/09/06

営業支援で営業の失敗を回避する

営業で失敗してしまうと、大切な顧客を失うことになりかねません。商品を購入してもらうためには、お客様との信頼関係が必要となります。言葉遣いに問題があって相手を怒らせてしまえば、次につなげるのは困難でしょう。だからこそ営業支援システムを導入し、営業においてよくあるミスを認識し、営業スタッフ全員で共有していく必要があるわけです。

実際の営業で失敗した問題に関しては、問題点として全員で共有し、同様のミスを起こさないように注意します。営業支援システムは見込み客を絞り込むために重宝します。営業には人材とお金が投入されているため、成功率にこだわる必要があるわけです。契約につながる見込みが薄い方に対しては、アプローチを減らしていくなどの対策が必要でしょう。

逆に見込みのある方には、今まで以上のアプローチをしていきます。ただし過剰なアプローチにより、しつこい印象を相手に与えると困るので、そこは適度を意識することが大切です。シールやステッカーなどには、自社のロゴを入れることができます。ロゴは営業支援の一環となり、ロゴを通して顧客が増えていくケースは少なくありません。

営業支援といえば営業ばかりに意識が行きがちですが、広告宣伝も含まれると考えてください。マーケティングにおいて大切なのは分析であり、いかに最適化かつ効率化していくかが大事です。営業活動では顧客に不快感を与えないこと、信用を勝ち取ることが要になります。

down

コメントする