画期的なサービスのSFAとは

顧客獲得の機会を確実にするために

新卒紹介の手法にはさまざまな形態があります

time 2021/10/12

新卒紹介の手法にはさまざまな形態があります

企業が人材採用をするにあたっては、新卒者にこだわるところが非常に多いです。理由はさまざまですが、他の会社の空気を吸っていないだけに、自分の会社のオリジナルな色付けができるというプラス面があるからでしょう。本来は、スキルを身に付けた人材を同業他社から引っ張ってくれば、即戦力になりますので、ある意味、最も、効率的だと言えます。ただ、技術面での未熟さを度外視してでも、真っ白な新卒者を採用したがるというのは、日本の企業の大きな特徴と言えるかもしれません。

新卒者の採用手法としては、古くは、大学の就職課への求人票提出によって、新卒紹介を受ける、という手法がありました。また、とりわけ理科系では、ゼミの教授とのコネクションを構築して、新卒紹介をいただくというやり方もあります。ほかにも、厚生労働省の新卒ハローワークや、経済産業省のドリームマッチプロジェクトなど、公的機関で新卒紹介を受けることもできます。さらに、各就職サイトや商工会議所や自治体、ハローワークなどが運営している合同説明会に学生を集めて、そこで接触を図るやりかたも、頻繁になされています。

そんな中で、昨今、とりわけ多くの実績を上げているのは、就職サイトの活用です。これは、就活中の大半の学生が利用しています。掲載されている会社の数は、7000社程度にも上っている時期もありました。それだけに、学生の利用者数も多く、60万人前後が利用しているのが実際です。

多くの企業や学生が利用しているだけに、効果も相応に上がっていることは間違いありません。

down

コメントする