画期的なサービスのSFAとは

顧客獲得の機会を確実にするために

テレビ会議にすること

time 2021/12/03

テレビ会議にすること

テレビ会議について、WEB会議との比較を書いてみます。テレビ会議の一番の特長は高い安定性だといえます。専用端末が必要であるために、導入するには数十万~数百万円かかる事が多いですが、その分、高品質な映像・音声で対面で話している感覚に近い状態で会議を行う事が出来ます。専用端末を使っているので、パソコンの性能・状態に影響を受ける事なく、いつでも安定した会議を行う事ができます。

次にWEB会議はテレビ会議より、コストを下げて行う事が出来て社員がそれぞれ自席から参加したり、外出先から携帯電話、スマートフォンなどを使って参加出来るなど、場所を選ばず会議を行う事ができます。ただ、専用端末に比べると、音が途切れるなどの安定性に問題がある事が多いですが、最近では品質に関して改善されきています。テレビ会議で遠隔地からでも行えるというのが企業にとって大きな魅力となっているようで、出張させてわざわざ遠方から社員を会議に呼ぶなどするよりも、現地から行える事でコスト削減にも期待できます。そして、日々新しい商品が増えていく業種においては会社全体に新商品知識をいかに早く定着させるかが課題になっているのではないでしょうか?その新商品説明の度に全国を行脚して研修を実施していては時間、コストがかかり過ぎます。

ただ今まで、触れた事もなかった、聞いた事もなかった、テレビ会議を知らなかった企業さんにすぐには取っ付きにくいモノかもしれませんが将来に対する先行投資と考えれば安いモノではないでしょうか。SFAのことならこちら

down

コメントする