画期的なサービスのSFAとは

顧客獲得の機会を確実にするために

テレビ会議を可動式に

time 2021/12/15

テレビ会議を可動式に

テレビ会議は、遠隔地にいても、まるでその場にいるような感覚で会議に参加できる、非常に便利なコミュニケーションツールですが、専用機器を設置して使用するため、使用場所が限られるという問題があります。もちろん、会議室の数だけ専用機器を用意できれば問題ないのですが、導入にコストもかかるため、あまり現実的ではありません。テレビ会議はいつも大人数で行うという会社なら、大きな会議室に大きなモニターを固定して設置すると良いでしょう。しかし、大小複数の会議室が存在し、大小さまざまなチームが、あちらこちらで会議を行うという場合、専用機器をどの会議室に設置すべきか、とても悩ましい問題です。

テレビ会議を使いたいチームの会議室には設置されておらず、テレビ会議が不要なチームの会議室には設置されている、そんなこともあるかもしれません。そこでお勧めしたいのは、キャスター付きのモニターラックです。テレビ会議の専用機器やモニター、マイクなどの周辺機器をまとめて保管でき、必要な場所に移動して使えるので、大変便利です。キャスター付きのモニターラックは、多くのメーカーから販売されており、中には会議システム専用につくられたものもあります。

モニターをしっかり固定して、ケーブルを綺麗にまとめることができるので、管理もしやすくなります。ホームセンターなどで見かけるキャスター付きのスチールラックなどでも代用可能ですが、くれぐれもモニターはしっかりと固定するようにしてください。

down

コメントする