画期的なサービスのSFAとは

顧客獲得の機会を確実にするために

フレキシブルな企画の話し合いが出来るテレビ会議

time 2022/01/12

フレキシブルな企画の話し合いが出来るテレビ会議

日本の会議は硬直化しやすい難点を抱えています。会議を行う前に既に結論が出ている、あるいは企画会議をした場合も内容よりも前もって根回しした社員が勝つ等、会議自体が形骸化してしまっている側面があります。その原因として指摘されるのが、文書による会議スタイルです。プレゼン資料を文書で作成する事自体は問題ありません。

しかし、日本の一般的な会議では参加者が手元の書面を読む事に必死になりがちです。その結果として、企画内容や会議内容が形骸化しやすく、いわゆる文書作りが上手い社員だけが勝つ仕組みになります。会議用文書が良くても実際のビジネスで企画で通用しなければ社内会議の意味がありません。そういった硬直化した仕組みを改善するべく、最近ではテレビ会議を導入する企業が増えつつあります。

テレビ会議なら文書の使用は最小限で済みます。プレゼンを担当する社員がボディーランゲージや、プロジェクタを利用し、ビジュアルに訴えかける企画の立案が可能になりますので、フレキシブルな会議が望めます。遠方のクライアントにもテレビ会議なら画面を通してプレゼンターの姿やボディーランゲージを見てもらえます。いわゆる口や文書では説明しづらい企画内容も、人間の姿やプロジェクタの図画を通す事で明確に伝えられます。

クライアントやユーザーからバシバシと容赦なく質問が飛ぶのもテレビ会議の利点です。そのため、文書一辺倒の会議では現れないライブ感が現れ、本当に臨機応変な対処が出来る社員だけが勝てる仕組みとなります。

down

コメントする